みつはま薬局からのお知らせ

8月末に世界保健機関(WHO)は南米コロンビアで1月に発見された新型コロナの

変異株を「ミュー株」と命名したとニュースになりましたが、

この「ミュー」という呼び名は、どこからきたかご存知でしょうか

 

 

 

このポケモンみたいな「ミュー」という呼び名は

ギリシャ文字からきているそうです

 

最近、みつはまでこの呼び名がギリシャ文字からきていると聞き、

詳しく調べてみました

 

 

 

 

 

 

当初、WHOは変異株が初めて確認された国名を呼び名に使用していましたが、

呼び名となる国への差別につながる恐れがあるとしてギリシャ文字を使う方針に

切り替えたようです

 

 

 

ギリシャ文字の順番で見ていくと、最近よく聞く、インド株は

4番目に検出されたので、デルタ(δ)が呼び名になりました

 

今回の「ミユー」は12番目になります

 

12番目

 

そんなにあったの??と驚きました

 

 

その他、10番目はカッパ(κ) 

 

 

 

14番目にはクサイ(ξ)という、

ちょっと日本語にすると、なんだか複雑なのもあります

 

 

さらにWHOは警戒レベルの程度によって

 

①感染力が強まったり、ワクチンの効果を弱めたりするなどの

 懸念される変異株 → VOC=Variants of Concern

 

②複数の国や地域でのクラスターが発生するなど拡大している

 注目すべき変異株 → VOI=Variants of Interest

 

この2つに分類していて、VOCの方がより警戒度合いが高いです

 

VOC(懸念される変異株)には

アルファ株(α) イギリス

デルタ株(δ) インド などがあり、

 

VOI(注目すべき変異株)には

イオタ株(ι) アメリカ

ミユー株(μ) コロンビア などがあります

 

ギリシャ文字は全部で24文字なので、

12番目の「ミュー」はちょうど折り返しのところになります

 

16番目のパイ(π)は円周率で、

最後の24番目のオメガ(ω)も時計で有名ですね

 

わりと身近で聞いたことがあるギリシャ文字ですが、

24番目まで来ない事を願い、早く終息してほしいなと祈るばかりです

 

 

2021.9.11(土)

▲ページトップに戻る

                 

カレンダー

2021年9月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
ますだ薬局グループホームページへ